うなぎが美味しくて水が綺麗なイメージがある静岡県でも家庭用ウォーターサーバーが大ヒットしています!

トップ > 水宅配で待機電力を使う?

水宅配で待機電力を使う?

水宅配を頼む上で気になるのが、待機電力ではないでしょうか。今、家庭でもウォーターサーバーを使った水宅配がブームとなっています。2011年3月に起こった東日本大震災を受けて、家庭に水宅配を導入している方がどんどん増えているのです。

水宅配ですが、ウォーターサーバーを使用しますから、お水の衛生やお湯の温度を保つために、どうしても電気は使います。電気代は幾らくらいかかるのかというと、大体は1000円程度です。ウォーターサーバーの待機電力を抑えようとして、水を使わないときにウォーターサーバーのコンセントを抜いたりする方もいらっしゃるようですが、そんなことをしたらタンク内に雑菌が繁殖してしまい、使い物にならなくなってしまいますから、止めておきましょう。

どうしても待機電力がかかってしまうのが気になるなら、待機電力が出来る限りかからないウォーターサーバーの水宅配を選ぶようにすれば良いのです。どの水宅配も同じだと思われているかもしれませんが、そんなことはありません。

あるメーカーのウォーターサーバーでしたら24時間ウォーターサーバーをつけっぱなしにしていたとしても、かかってくる電気代は1日に30円程度です。水の配送量やレンタル料・メンテナンス費用も無料に設定されているので、水の代金のみで気軽に水宅配を使用することが出来ます。省エネタイプのウォーターサーバーもありますから、要チェックですよ。

ページ上に戻る

トップ

メニュー

メニュー

メニュー